ストレスチェック制度の義務化の内容と対象業者はどこになるの?

ストレスチェック
ストレスチェックと会社で言われたがこれは何か?

健康診断ではないんです。

健康診断とは別に、
ストレスチェックが厚生労働省から実施を義務化され、
このストレスチェック制度を適用しないといけないんです。

確かに友達でもストレスをためすぎてうつになって職場から退職したり、
長期療養などもありました。

ではそのストレスチェックとは何かご説明します。

ストレスチェック制度とは何か?

ストレスチェック制度とは、

「労働安全衛生法」という法律が改正されたことにより、
2015年12月から、労働者が50人以上働いている事業所では、
毎年1回ストレスチェックの件さをすべての労働者に対して実施することが義務つけられています。

この労働者とはどの人が対象になるのかは、
契約期間が1年未満の労働者は義務の対象外になっています。

さらに、労働時間が通常に勤務している労働者mの所定労働時間の3/4未満の時間しか働かない労働者もこの義務の対象外になっています。

ストレスチェックはなぜやることになったのか?

労働者の働きすぎや時間外労働などの問題もありますが、

ストレスチェックで、
労働者が働いていて自分のストレスの状態をしることができるようになります。

ストレスをためすぎないように対処することができたり、
医師の面接などを受けることができるようにすることで、

今増えてきている「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するためのストレスチェック制度になります。

コメントを残す