ガラケーの意味は?生産終了しているの?ガラホって何?

ガラケー

ガラケーという言葉は、
年配の方が持っている携帯のイメージが強くなってきましたよね。

ガラケーの言葉の意味は、「ガラパゴス・ケータイ」になります。

ガラケーは日本独自の進化を遂げており、
日本製の携帯電話がガラケーと呼ばれているがこれは、

ガラパゴス諸島からとられています。

ガラパゴス諸島は、その諸島以外の島と接触がなく、
その島独特の進化を遂げております。

その独特の進化と同じように表現されています。

ガラケーユーザー数が30%弱になってきており、
ガラケーの生産が国内各社で生産終了が増えてきています。
NECはスマートフォン事業から撤退しており、

ガラケーの特徴である、ワンセグやおサイフケータイなどができる、
ガラケー型のスマートフォンが出てきています。
それをガラホと呼ばれています。

また、
最近はLINEがやりとりの主流になっていますが、
ガラケーでもLINEができるようになってきています。

スマホと違ってできない機能もありますが、
LINEが使えると便利ですよね。

コメントを残す