台風とは何をそう呼ぶ?名称や番号はどうつくのか?時期はいつが多い?

日本に住んでいると毎年悩まされるのが台風ですよね。

台風とは何か?ハリケーンとは違う?
そして名称の番号はどうつけられているのか?
発生する時期はいつなのか?

ぜひ参考にして、
被害が大きくなる台風に備えましょう!!

台風とは?

台風は、太平洋で発生する熱帯定圧があるのですが、
その熱帯低気圧の中心付近になる風速のうちで10分間平均の最大風速が、

だいたい17m/s以上のものが台風と呼ばれます。

ハリケーンと台風は違うのかというと、
北大西洋ではハリケーンといい。
インド洋や南太平洋ではサイクロンと呼ばれ全部同種のものになります。

場所で呼び方が変わるんです。

台風の名称になる番号はどうきまるのか?

台風の名称になる番号は、
毎年1号から始まりますが、

これは年ごとに台風の番号かつけられます。
そして台風の発生を気象庁が確認した日付の順番ごとに台風のその年の台風番号がふられているんです。

台風の接近時期と上陸時期はいつ?

台風の発生しても上陸しないこともあります。

そこで接近数が多い月の順番は、8月が一番多く、次に9月、7月、10月の順番が統計的に多いです。

コメントを残す